お知らせ

☆愛情コーン「太陽のめぐみ」は終了となりました。☆
☆ありがとうございました。☆

愛情コーン「太陽のめぐみ」、産直便開始!

【先着限定200名様に、畑のとうもろこしを、そのままお届け!】


  • 部会長の宮田さん。気合を入れて栽培中です。
  • 甘さが評判の「恵味(めぐみ)」です

お待たせいたしました!  今年も、個人のお客さま向けの産地直送便をスタートいたします!今年で4回目となる、高原育ちのとうもろこし、愛情コーン「太陽のめぐみ」販売開始です。

「お客さまに、いちばんおいしい状態でお届けしたい!!」という強い思いからはじまった、産地直送便です。

野菜くらぶのとうもろこし部会では、味と品質を統一するため、品種を「恵味(めぐみ)」に限定。「恵味」は大変甘みの強い品種で、お客さまからの評価も高く、生でも食べられるフルーツコーンです。昼夜の温度差の大きい赤城高原では夜温が下がるため、さらに甘いとうもろこしを作ることができます。

規格は8本1箱、発送は旬を迎える7月下旬~8月上旬を予定しています。今回も限定200箱でのご提案です。予約制で、先着順に発送させていただきます。ぜひ、お早めのご予約を!

また野菜くらぶでは、群馬に続き、青森の「天空のとうもろこし」も予定しております。今後の産直便も、お楽しみに!

■商品名:愛情コーン「太陽のめぐみ」

その心は?
・ 生産者がわが子のように、愛情をいっぱい注いで育てています。
・ 高原の日差しをたっぷり浴びて育った、元気なとうもろこしです。
・ 恵味ゴールドの「めぐみ」を、「太陽のめぐみ」にかけました。
・ おいしいとうもろこしを育ててくれる、すべての自然の恵みに感謝します。

■恵味ゴールドの品種特性

とうもろこしの粒が鮮やかなイエローで、光沢が強く、甘みの強さと柔らかな粒皮が特徴。食味もよい上、歯にはさまりにくいという特性もあります。粒皮が硬くなるのも甘みの低下も遅いので収穫時期が長く、畑でもぎたてなら生でも食べられるおいしさです。

■もっともおいしい、食べ方は?

特においしいのは、とうもろこし狩りの時によく用いる、皮を薄く残したとうもろこしを炭火の中で加熱して食べる方法。でも炭火はちょっと大変ですね。ご家庭では、同じようにしたとうもろこしを、電子レンジで数分加熱しても、旨みがこもっておいしいです。
また実をつぶしてスープにすると、びっくりするくらい甘みが強くでます。

■規格、価格、送料

とうもろこしは、発送日の早朝、収穫します。
2Lサイズほどのサイズの秀品を、選りすぐって、お届けします。
※大変申し訳ございませんが、今年は運賃の値上げや増税などにより、少し値上げさせていただきます。ご了承ください。
規格:8本入り段ボール
価格:1箱・2,700円 (消費税、送料、代引き手数料を含みます。全国一律料金となります。)

育成中のとうもろこし。順調に育っています。
プロの目で見て、ベストなタイミングで
お届け!
新鮮で元気なとうもろこしを専用箱でお届けします。

■お取扱い期間

収穫発送予定期間:7月25日~8月8日
※天候に左右されますので、発送期間は幅をもたせていただくことがあります。
※品質の良い状態でお届けするため、希望到着日のご希望に添えない場合がございます。

■注文方法、お支払い方法

注文方法:電話、FAX、メールいずれかで、送り先住所、氏名、電話番号、数量、希望到着日(または曜日)を、
     お伝え下さい。
     電話 0278-24-7788 (受付時間は、9:30~17:00)
     FAX 0278-24-7789
     (このページ右上の、「お問合せ」をクリックしてください)
お支払い方法:代引きのみのお支払いとなります。商品お受け取りの際に、お支払いください。
※贈り物での発送をご希望の方は、対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

■購入時、ご注意ください!

※クール便で発送し、最短で収穫日の翌日には到着しますが、生ものなので早めにお召し上がりください。

※商品には万全を期しておりますが、万一、傷みが見られた場合は、弊社までご一報ください。お客様のご都合による受け取り遅延や、到着後日数が経ってからの開封などでのクレームは保障できませんので、ご注意ください。

※収穫発送予定期間は、天候、生育状況によって、若干前後する場合があります。また、天候不順などにより数量が確保できなかった場合は、ご予約が確定していてもキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。


私たちの野菜について

  • 栽培品目
  • 自主基準
  • 生産者
  • 産地一覧

農業人募集

  • 独立支援プログラム
  • 感動農業 Recruiting website
  • 感動農業 人づくり、土づくり
  • 託児所のご案内
  • 農家直伝野菜をもっと味わうレシピ
  • 澤浦彰治 Facebook
  • 澤浦彰治BLOG「食べ物と農業と経営」
  • TsCスノーボードスクール校長 竹之内光昭BLOG
  • グリンリーフ株式会社
  • 自社開発製品 第一弾「捕虫器」

ページの先頭に戻る