お知らせ

☆ 「天空のとうもろこし」は販売終了しました ☆
☆ありがとうございました。☆

「天空のとうもろこし」、産地直便開始!!

【採れたてとうもろこしを、そのままお届け!】


  • 畑から望む八甲田山
  • さわやかな空気の中、とうもろこしはすくすくと伸びていきます。

お待たせいたしました!昨年スタートし、大好評だった青森県産とうもろこしの産地直送便をスタートいたします!野菜くらぶのおいしい野菜の中でも、特にお客様にお届けしたい1品です。

八甲田山の標高750mに位置する沖揚平では、夏から秋にかけて主にレタス類、キャベツ、大根などを栽培していますが、9月はとうもろこしの時期を迎えます。大自然の中で育つとうもろこしは、甘みののりが良く、1粒1粒に甘みをぎゅっと閉じ込めながら成長します。高原は昼夜の温度差が大きい為、格別においしい野菜ができるのです。

八甲田山を背にして立つと、天気の良い日には津軽富士と呼ばれる岩木山や、陸奥湾を眺めることができます。夜になると、青森市の夜景も楽しむことができます。

雲海の中で育ったとうもろこしは、
まさに「天空のとうもろこし」です!

今回も、沖揚平で主流となっている品種、ゴールドラッシュをお届けいたします。さわやかな甘みが持ち味の、大変味の良い品種です。今年は8月の天候が悪く苦戦の夏となってしまいましたが、生産者が大切に育て上げました。

八甲田の短い夏の味を、是非ご賞味ください。

■ゴールドラッシュの品種特性

皮がやわらかく、とうもろこしの味を楽しめる品種です。さわやかな甘さがあり、皮の残りが少ない為、後味がすっきりしています。ゆでたり蒸したりすると、ずっしりと入った粒がつやつや黄金色に輝き、まさにゴールドラッシュの名に相応しいとうもろこしになります。

■もっともおいしい、食べ方は?

特においしいのは、とうもろこし狩りの時によく用いる、皮を薄く残したとうもろこしを炭火の中で加熱して食べる方法。でも炭火はちょっと大変ですね。ご家庭では、同じようにしたとうもろこしを、電子レンジで数分加熱しても、旨みがこもっておいしいです。
また実をつぶしてスープにすると、びっくりするくらい甘みが強くでます。

■規格、価格、送料

とうもろこしは、発送日に収穫いたします。
2Lサイズほどのサイズの秀品を、選りすぐって、お届けします。
※大変申し訳ございませんが、今年は運賃の値上がりや増税などにより、値上げをさせていただきます。ご了承ください。 規格:8本入り段ボール
価格:1箱・3000円 (消費税、送料、代引き手数料を含みます。全国一律料金となります。)

年に1度のこの味は森の生き物も大好きなので、とうもろこし畑に電柵を張ります。
お盆になると、秋を感じさせる風の中トンボが飛び始めます。

■お取扱い期間

収穫発送予定期間:9月10日~9月25日
※天候に左右されますので、発送期間は幅をもたせていただくことがあります。
※品質の良い状態でお届けするため、希望到着日のご希望に添えない場合がございます。

■注文方法、お支払い方法

注文方法:電話、FAX、メールいずれかで、送り先住所、氏名、電話番号、数量を、お伝え下さい。
     電話 0278-24-7788 (受付時間は、9:30~17:00)
     FAX 0278-24-7789
     (このページ右上の、「お問合せ」をクリックしてください)
お支払い方法:代引きのみのお支払いとなります。商品お受け取りの際に、お支払いください。

※贈り物も承りますので、ご注文の際にお気軽にご相談ください。

■購入時、ご注意ください!

※クール便で発送し、最短で収穫日の翌日には到着しますが、生ものなので早めにお召し上がりください。

※商品には万全を期しておりますが、万一、傷みが見られた場合は、弊社までご一報ください。お客様のご都合による受け取り遅延や、到着後日数が経ってからの開封などでのクレームは保障できませんので、ご注意ください。

※収穫発送予定期間は、天候、生育状況によって、若干前後する場合があります。また、天候不順などにより数量が確保できなかった場合は、ご予約が確定していてもキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。

 

冬の青森生産者は、スキーガイドなど
雪の上で活躍しています。
厳しい冬の間に、美しい自然を見る事が
出来ます。


私たちの野菜について

  • 栽培品目
  • 自主基準
  • 生産者
  • 産地一覧

農業人募集

  • 独立支援プログラム
  • 感動農業 Recruiting website
  • 感動農業 人づくり、土づくり
  • 託児所のご案内
  • 農家直伝野菜をもっと味わうレシピ
  • 澤浦彰治 Facebook
  • 澤浦彰治BLOG「食べ物と農業と経営」
  • TsCスノーボードスクール校長 竹之内光昭BLOG
  • グリンリーフ株式会社
  • 自社開発製品 第一弾「捕虫器」

ページの先頭に戻る